クラーク動物病院/八王子動物医療センター

スタッフからのメッセージ

獣医師 小金 泰祐

出身校 : 北里大学
2013年~2017年 千葉県内の動物病院にて勤務
2017年~ クラーク動物病院勤務

獣医師 小金 泰祐の画像001

■ 当院に就職したきっかけは?

獣医師 小金 泰祐の画像002  地元が近く、地元周辺で全体的なスキルアップができる転職先をさがしていました。クラーク動物病院は、犬猫はもちろんウサギやハムスター、フェレットの患者さんも多く、幅広く診療が学べると思い就職を希望しました。

■ 現在の仕事内容とやりがいのある点・苦労する点

 現在の仕事内容は、犬、猫、ウサギ、ハムスター、フェレットの診察と治療、自分の担当の症例が中心ですがその症例の外科手術と入院管理をしています。情報はできるだけ共有するようにしています。私はこれまで外科手術の経験がとても浅かったですが、クラーク動物病院にきて外科をする機会が増え、その中で外科手術のスキルの向上も目標の一つになり、やりがいを感じています。
以前は担当医制ではない動物病院に勤務していたのですが、当院は基本的には担当医制なので、慣れるまでは苦労しましたがやりやすさも感じています。

■ 職場の雰囲気や環境は?

 スタッフ同士の仲はよく、よくコミュニケーションが取れている環境だと思います。獣医師、看護師共に協力し合い、業務が効率的に回るように努力しています。結果、私が就職した時と比べると、動物たちにも速やかな処置ができ、スタッフみんなが早く帰宅ができたりと、動物たちにとっても私たちにとってもよい環境だと思います。

■ 仕事を通じて、将来どんなことを目指すか?

 私はジェネラリストを元々目指していて、その中で興味がある分野を伸ばしていきたいと考えてきました。当院では、専門性の高い治療も見ることができ、自分にあった分野の新しい発見もあるかもしれません。今後も1次診療で働きながら飼い主さんに信頼されるジェネラリストになりたいと考えております。

■ 当院への就職・転職を希望されている方にメッセージ

獣医師 小金 泰祐の画像003  先輩獣医師や専門の先生への診療の相談も日常的にできるため、スキルアップには効率的かと思います。私も当院に来てウサギの診療や様々な外科手術を学ぶことができています。当院では診察においても丁寧な診察・説明をすることを重要視していて、獣医師として非常に大切な飼い主様との接し方も意識して学べるところだと思います。

← スタッフからのメッセージ 一覧へ